どうしてもすぐにお金が必要になったとき、すぐにお金を借入れできると助かるものです。テレビコマーシャルでよく目にする消費者金融の広告で、「すぐに借入れ!」とよく謳っていますが本当にすぐにお金を借りることができるのでしょうか?

 

「即日融資」とは一体どんなサービスなのか、どんなメリット、注意点があるか即日融資についてのいろいろな疑問を考えて行きましょう。

 

すぐに借入れできる即日融資とは?

即日融資

 

消費者金融のウェブサイトや広告などで「即日融資可能!」という言葉を目にしたことがあるかもしれません。既に利用したことのある人はその意味を理解することはできるかもしれませんが、そうでない人はよく分からないかもしれませんね。

 

「即日」ということは、その日すぐに借入れ可能ということです。お金の必要は急にやってくるものです。その日に、待ったとしても次の日には必要なお金を用意したいというこがあるかもしれません。予想外の出費がかさみ生活費が足りない、会社の付き合いや、趣味に使うお金など理由はさまざまですが、そんな時、即日融資はお金の危機を救ってくれるかもしれません。

 

そのサービスは、すべての消費者金融で行われているわけではありません。即日融資を行っているのは主に大手の消費者金融です。大手の消費者金融、プロミス、アイフル、アコム、モビットなどがそうです。そのような大手消費者金融なら、実績、信頼がありますから、安全そして安心して借入れできます。

 

即日とはどれだけ速いか?

即日融資速い

 

即日融資といっても、実際どのくらいで借入れできるか知りたいものですね。大手消費者金融の広告などを見てみると、審査結果が最短30分という会社が多いいです。審査が30分で終了するわけですから、問題なく審査を終了し、それから、すぐに契約するならなら最短で1時間ほどでお金を借入れできる場合もあります。

 

ですから、「最短」とあるので、30分以上かかってしまうことももちろんあります。場合によっては次の日の借入れになってしまうのでその日に借入れしたい人は注意しましょう。

 

即日融資のデメリットとは?

先ほど少しふれたように、「即日融資可能」といってもその日に借入れできない場合があります。たとえば、消費者金融のウェブサイトで申し込みから契約まで済ませる場合、申し込みをする時間帯には注意しなければなりません。

 

注意点

ウェブサイト完結なら、融資分のお金は、自分の銀行口座に振り込まれることになります。ですから、銀行の営業時間3:00までに間に合わなければ、翌日の振込みになってしまいます。そのようなわけで、ウェブサイト完結での申し込みをしたい人は、午後2:00くらいまでには契約を終了していなければいけないようです。ウェブ完結を選ぶなら、なるべく速め速めの申し込みを心がけましょう。

 

消費者金融の金利は高いか?

すぐに借入れしたいとは思っても、どうしても気になるのが金利です。消費者金融というとかなり高額な金利を請求されないか心配する人も多いですね。

 

確かに、消費者金融のカードローン金利は、銀行のカードローンに比べ高く設定されています。

 

消費者金融のカードローンの実質年率
アコム

実質年利3.0%~18.0%

プロミス

実質年利4.5%~17.8%

アイフル

実質年利4.5%~18.0%

モビット

実質年利3.0%~18.0%

 

銀行のカードローン実質年率
住三菱東京UFJ銀行

実質年利1.8%~14.6%

みずほ銀行カードローン

実質年利3.0%~14.0%

楽天銀行

実質年利1.9%~14.5%

 

 

このように数字を見てみると銀行のカードローンの金利が低いことが明らかです。

 

消費者金融の金利が高く設定されている理由は、消費者金融は銀行より審査が速く、そして、銀行より比較的審査が甘いという理由のようです。

 

金利は借入れ先を決めるうえでかなり大切な判断材料にはなってきますが、何を重視して決めるかは個人によってはことなります。この点で、もし、即日融資の点を一番重視するなら、銀行より消費者金融でしょう。

 

銀行のカードローンは確かに金利が低いとはいえ、即日融資の点で考えると、消費者金融にはかないません

 

金利が高い、低いにかかわらず、前もって無理のない返済計画を立てることによって、返済に苦しむことを避けられるでしょう。

 

すぐに借入れするためのカギは?

すぐにお金を借入れしたい方にお勧めの方法があります。
まずは、ホームページで申し込みを済ませ、審査通過の通知が届いたらすぐに無人契約機に向かって、契約をするという方法です。無人契約機で契約をするなら、その場でカードを発行されますので、受け取ったカードで近くの提携ATMなどですぐに借入れ可能です。

 

ウェブ完結なら、遅くても午後2時までには契約を終了させていなければいけませんが、無人契約機なら、遅くまで営業していることもあり仕事が終わった後などでも利用できるのがメリットです。各消費者金融によって無人契約機の営業時間が異なりますから、あらかじめ調べて行くことをお勧めします。

 

まとめとして

これまで調べたように、即日融資は、すぐに借入れ可能なので急にお金が必要になったというピンチを救ってくれるかもしれません。ですが、メリットもあればデメリットももちろんあります。

 

「お金をすぐにでも借りたい!」そうではあっても、まずは、落ち着いて即日融資について調査することが、自分にあった会社を見つけることができ、安心と安全な借入れにつながるのではないでしょうか?